ボディメイク・ダイエット・レビューブログ

BMDSTYLE

ダイエット方法

太ってしまったときのダイエット方法

投稿日:

季節や時期によって太ってしまうときもあります。油断するとすぐに体重が増えてしまうなどの悩みを抱えている方もいると思います。今回はついつい太ってしまったときのダイエットレシピをまとめていきます。

何をしても痩せない人が成功するダイエット方法

豆類を中心に食事をする

米を中心に食事をする日本人ですが、太ってしまった場合は「大豆類」を中心にダイエットレシピを組んでみると早い効果を実感できます。たとえばご飯プラスおかずという食生活なのであれば、糖分の塊である「ご飯」を「」に変えてみるというものです。このダイエットレシピで1週間ほどで2㎏ほど減らすこともできます。

 

豆は非常に栄養価が高い上に、低カロリーで脂肪になるものもほとんど排除されています。また高タンパク質で、女性にはうれしいイソフラボンで女性ホルモンを活性化する作用もあるので男女問わず「豆」は重宝します。

 

大豆類を中心に食事を組むことで栄養も摂れる上にダイエット、体重を減らすことにも成功します。これは意外にも知られていない方法かもしれません。置き換えに似ている部分もあります。米を豆に変えるという方法です。おかずプラス豆です。

 

野菜よりも卵を食べる

野菜を食べるのも低カロリーで水分も多く、食物繊維が取れるのでダイエットレシピとしてはいいと思います。しかし野菜よりも私は優先的に食べるのが「」です。

 

「卵」には食物繊維が入っていないので、野菜で補うことが重要ですが、卵はもっとも栄養価が高い食材で、卵を食べることで血糖値を穏やかにする作用があるので、卵を食べてからだと脂肪の吸収が制限されます。ダイエットレシピには卵を優先的に食べることをおすすめします。

 

卵はタンパク質豊富で、近年では卵を1日に何個も食べれないというデータがありました。女性に関しては1日に2個までという制限がありました。しかしそれも根拠のないもので最近では男女問わず1日に卵を制限なく食べれるようになりました。

 

卵はスーパーで安価で買えるうえに筋トレ愛好家にも非常に重宝されている食材です。卵は1日に1個最低でも食べたいものです。体を作る重要なタンパク質を豊富に含んでいるもので、食物繊維以外の栄養をほとんど補うことができます。野菜も必要ですが、それよりも卵を食べるのほうがダイエットとしては早い効果を見込めると思います。

 

食べないより食べた方が痩せる

1食あたりのカロリーを制限して、少しずつの食事を3食食べるダイエッターもいます。がこれはなかなかダイエットに成功しないです。とくにこの方法を実践するのが女性です。少しの量の食事を3食して、次の日の体重計には変化なしというサイクルをひたすら繰り返します。

 

食べないこと=エネルギー不足に陥ります。痩せるためには脂肪を燃焼させるエネルギーが必要です。そのエネルギー源がないということはなかなか脂肪が燃焼しない、体重の減少がほとんどないということになります。

 

食べないよりも、栄養、食物繊維を意識して、しっかり食べることを実践するのがダイエットへの近道です。私は1日食の方法でダイエットに成功しました。これは女性でも実践し成功できる方法です。この方法はその1食何を食べても、どれだけ食べてもいいという画期的なダイエット方法です。

私が行った必ず成功するダイエット方法

しっかり食べることで翌日しっかり便もでるのでダイエットを促進することができます。しっかり食べないと腸内も働きが悪くなります。

HMBサプリメントで体型を維持し続けることができています

効果のあるHMBサプリメントの選び方

最後に

ついつい太ってしまったときにこれらを実践すれば1ヵ月以内で充分痩せることができます。太ってしまった増加量にもよりますが、ダイエットのサイクルにもっていくこともできるのでこの食生活を実践してみるのもいいと思います。

-ダイエット方法

Copyright© BMDSTYLE , 2018 AllRights Reserved.