ボディメイク・ダイエット・レビューブログ

BMDSTYLE

ダイエット方法

食欲を抑える食材11選

投稿日:2017年9月19日 更新日:

食欲はときに過剰なほど人の行動のコントロールを失わせます。過食や糖分の多い食べ物を食べてしまうなど、食べてから後悔するときもあるほどです。

そうした制御できない食欲をしっかり抑えて、さらには健康的で栄養も不足しないものを紹介していきます。私もこの食材を利用しはじめてからダイエットでの食事の面での躓きをうまく回避することができました。

健康的に痩せるためのタンパク質ダイエット

食欲を抑える食材

アボカド

昨今、とくに女性に人気のアボカドが食欲を抑える効果が高いことがわかっています。女性向けダイエット本にはアボカドを朝食にとって食欲を抑えるダイエット方法も紹介されています。
アボカドを適度に食べることで食物繊維と不飽和脂肪によって食欲を抑えてくれます。脳に満腹感を与えるため余分な食欲を抑えてくれます。

 

生姜

何世紀も前から生姜の効果は現代でも引き継がれています。冷え性の防止をはじめとし、胃腸の働きもよくしてくれます。生姜は食欲を抑えるというよりも消化吸収をよくすることで飢餓状態をなくす効果があります。生姜を使用した料理のなかでもインド料理があり、刺激を楽しむこともできます。またダイエット時にもサポート役として発熱作用もあり、脂肪燃焼をスムーズにします。冷えはダイエットの天敵であり健康の天敵です。その冷えからも守ってくれるのが生姜の効果です。

 

コーヒー

私はコーヒーが好きで1日に3杯から5杯飲むときもあります。飲みすぎはカフェインの過剰摂取になるので注意が必要ですが、1日1杯~3杯程度であれば食欲を抑えるのに効果があります。代謝をよくすることで過剰な食欲を抑制できます。おすすめはブラックコーヒーです。苦いのが苦手という方はミルクを入れて飲んでみるのがいいでしょう。砂糖を入れるのはあまりおすすめできません。

 

アーモンド

アーモンドには、抗酸化物質や、ビタミンE、マグネシウムのなどの栄養が非常に豊富です。アーモンドは過去に満腹感を得られる食材として選ばれている実績もありダイエットにもかなり応用できます。間食や昼食にアーモンドを食べることで午後からの空腹を防ぐことも可能です。アーモンドは栄養を摂れるうえに満腹感を得られるのが最大のメリットです。

 

たまご

たまごは栄養の塊で、非常に優れた食材です。私は1日に5個以上のたまごを食べています。筋トレをするにも、ダイエットにもたまごは欠かせない存在になっています。タンパク質も豊富なうえ、食物繊維以外ほとんどの栄養がたまごでとれます。たまごは朝食時に2個程度食べることで血糖値の急上昇を防ぎ、空腹感を防ぐことができます。朝に糖分も多少食べておきたいという方はたまご入りのサンドイッチなどがおすすめです。たまごは今日紹介する中でも一押しの食材といえます。手軽で安価なのにも関わらず栄養豊富であり、ダイエットにも筋トレのためのタンパク質摂取にも使えるからです。

 

レモン水

レモン水はシンプルに食欲を抑えるためにおいやその成分によって効果を得られます。科学的にも証明されていてレモン水を飲むことで過剰な食事を防ぐことができるという報告もあります。カロリーをカットできるので簡単でありながら効果が高いと評判の方法でもあります。朝に起きたときはレモン水を飲んでからスタートさせるのがおすすめです。体が浄化されるような気分にもなります。

 

野菜スープ

夕食などで空腹時には、必ず野菜スープを一番に食べます。温かいスープは早く飲むことができないために徐々に空腹を満たしていきます。また野菜は低カロリーなため満腹になったとしても思った以上のカロリーがないので太ることはまずありません。まずメインのごはんやおかずに手を付けるまえに野菜スープを飲み干します。こうすることである程度満腹感をえられるので食べる量が少なくてすみます。ついつい食べ過ぎてしまう方に非常におすすめです。

 

ダークチョコレート

チョコレートが好きな人は多いことでしょう。しかし甘いチョコではなくブラックとも呼ばれるダークチョコレートが効果を発揮します。食前にダークチョコレートを食べると苦味で脳に食欲を減らすシグナルを送ります。その効果で食欲を抑えることができます。あまりも苦いと感じる場合はブラックコーヒーと一緒に食べることをおすすめします。コーヒーの苦味が勝り、ダークチョコレートの苦味が甘味に変化します。これは錯覚ですが…。

 

豆腐

豆腐は植物性のタンパク質を豊富に含んでいます。またダイエットにも夕食を豆腐だけにしてしまうというダイエット方法もあります。豆から抽出された栄養もあり、またイソフラボンは食欲を抑え、さらに美容にも効果が期待されます。女性も男性も健康的にダイエットしたいのであれば豆腐を食べることをおすすめします。簡単で食べやすいのが大きなメリットです。難点は豆腐だけだと調理方法に限界があるという点です。しかしダイエットへの効果はトップクラスといえます。

 

緑茶

先述したブラックコーヒーが苦手な方は緑茶を飲むのがいいかもしれません。緑茶には有名なカテキンが入っています。このカテキンは脂肪細胞の吸収を抑制し、太りにくい体内に変えてくれます。また食事中には緑茶を用いることで血糖値の上昇を抑えることができるため、次の食事までの空腹を防ぐことができます。これも効果が高く手軽にその効果を得られるため一度試していただきたいです。

 

オートミール

高たんぱくで筋トレをしている方もオートミールは欠かせない存在になっています。朝食にオートミールを食べた場合、飢餓状態を作るグレリンを抑制するので空腹感がなくなります。朝食にパンを食べた場合、血糖値も上がりやすいため、昼食までに空腹感で集中できないときがあります。オートミールであればゆっくり消化されるのも作用し、昼食までもつことができます。

ジムに行かずに自重トレーニングだけでこうなる

過去検証した中でもたまごや緑茶、コーヒー、ナッツ類などは今でも続けています。自分が続けやすいものを選んで食べることで食欲を抑えることができ、ダイエットに役立つことを実感できると思います。

 

ダイエットは食事の改善によって成功を左右します。とくに人間の欲というのはコントロールしにくいものです。食欲もその1つで空腹は冷静な食事量を判断できません。食欲を抑える、空腹を抑えることで冷静な食事量の判断ができるように今日紹介した食材を取り入れてみてください。

25㎏のダイエットに成功したときの食事メニュー

-ダイエット方法
-

Copyright© BMDSTYLE , 2018 AllRights Reserved.