ボディメイク・ダイエット・レビューブログ

BMDSTYLE

ダイエット方法

健康的に痩せるためのタンパク質ダイエット

投稿日:2017年9月19日 更新日:

タンパク質は人間の体の組織や細胞、筋肉といった全般を形成するのに必須の栄養素です。ダイエットにもタンパク質を用いた方法でダイエットすることで栄養価を不足させないダイエットを行うことができます。またタンパク質を豊富に摂ることで減量にも、体つくりにも役立ちます。

25㎏のダイエットに成功したときの食事メニュー

タンパク質を摂取してダイエット

このタンパク質ダイエットというのは高たんぱくな食事を優先してダイエットを行っていきます。減量をするにも、筋トレを行うにも多くのメリットがありまた、飢餓状態を防ぐことができるので偏ったダイエットとは違い、体を保ちながらダイエットを行うことができます。

 

栄養価が高タンパクな食材

  • 牛肉、鶏肉
  • シーフード
  • 大豆
  • 低脂肪乳製品
  • ナッツ類

高たんぱくな栄養であるのと引き換えに高カロリーであることも考慮して摂取します。高カロリーはダイエットの天敵とされていますが、カロリー自体は余分な脂肪の燃焼のエネルギーになるので、しっかりカロリーを摂る方がかえって効率がいいです。

 

普段食べているものを高たんぱくなものに置き換える

ご飯とおかずというのが日本人のベーシックな食事です。食べるものを置き換えたり、食べるものを変えるだけでダイエットの効果は大きく左右します。例えば納豆を食前にそのまま食べる、卵を朝食に食べる、間食にはナッツ類を食べて空腹を満たすなど、タンパク質を優先して摂取しながら余分な脂肪を蓄えさせないようにします。

 

どうしてもお腹がすくとコンビニでパン、おにぎりといったものに目が行きがちであれば、迷わずナッツ、ゆで卵を買うことをおすすめします。1回の買い物でこういった高たんぱくなものに置き換えるだけで減量を促すことができます。

 

タンパク質を含んだ食材一覧(目安)

 

高たんぱくで手軽に購入できる食材の一覧です。これらを優先して料理を工夫するようにすれば豊富な栄養を取りながらダイエットを遂行できます。あくまで参考です。

 

低脂肪チーズ:10g~14g

 

豆腐:7~13g(メーカーによる)

 

ピーナッツバターまたはアーモンドバター:6g~8g

 

鶏肉(むね肉)100g:25g

 

タラ(魚)100g:17~20g

 

チーズ25g:7g

 

卵1個(Lサイズ):6g

 

低脂肪プレーンヨーグルト:6g

 

以上は参考で大きさやメーカーによって変化します。紹介した食材は高たんぱくでストックしておけば毎日でも取り入れることができます。またオートミールなども高たんぱくで繊維質なので腸内への影響も良好です。

 

高たんぱくと聞くと代表的なのは、鶏肉のササミや胸肉だと思います。比較的安価で購入しやすく、ジューシーさは欠けますが調理しやすい食材といえます。

 

タンパク質ダイエットというのは単純に高たんぱくな食材を優先して摂取することです。糖質を制限するのも効果が高いかもしれませんが、なにもかも制限してしまうのが体にとって栄養不足を起こしかねません。そこで高たんぱくな食材をメインや間食に持ってくることで栄養不足を防ぎ、減量、ダイエットにも効果を出すことになります。簡単で単純ですのでぜひ一度お試しいただきたいです。

タンパク質ダイエットのデメリット

 

-ダイエット方法

Copyright© BMDSTYLE , 2018 AllRights Reserved.