ボディメイク・ダイエット・レビューブログ

BMDSTYLE

おすすめダイエット商品

ディープチェンジクレアチンの効果と評価

投稿日:2017年8月17日 更新日:

ディープチェンジクレアチンの効果と評価

ディープチェンジクレアチンはその名の通り、クレアチンに特化したサプリメントです。どちらかといえばプロ向け、スポーツしている方向けといったところの位置づけだと思います。がっつり汗をかいたり、トレーニングに励んでいる方にとっては優れた効果を発揮すると思います。その詳しい評価と効果について書いていきます。

メタルマッスルHMBの効果とレビュー【辛口】

HMBは女性のダイエットにも効果を発揮する

ディープチェンジHMBの効果が出たので評価してみます。

クレアチンとは

結論からいえば、高いパフォーマンスを求められるアスリートなどに向けたサプリメントで、瞬発力や持久力といったときに利用する力は非常に労力を使います。その際に体内にクレアチンを蓄えておくことで疲労回復のスピードが違います。また筋トレを行っている方でもクレアチンを摂取している方も多く、脂肪をつけずに体重を増やすバルクアップ時、カタボリックを防ぐために摂取している方が多いです。クレアチンを飲むことで期待できる回復力筋肉を大きくする効果をえることができます。

 

またクレアチンが他のサプリメントと圧倒的に違うのは「脳」へのアプローチがあります。少ない研究結果の中でもクレアチンが脳に影響があることが判明しています。トレーニングやスポーツをして疲労するのは体だけではありません。同じように脳も活発に活動しているため気づかないうちに疲労してしまっています。脳へは糖分が主な栄養源なんですが、糖分を控えている方もいます。その際にクレアチンを摂取することで脳の機能を低下させずに、回復、精神的な安定をもたらす結果がでています。

 

クレアチンはもともと体内に存在している成分で、73㎏の私の体内でもおよそ120g程度存在しています。そのクレアチンは運動をすればするほど消費していきます。消費してクレアチンが足りない場合は、疲労回復に時間がかかる、筋肉への超回復の期待値が低くなる可能性があります。

ディープチェンジクレアチンの効果的な摂取方法

ディープチェンジクレアチンを効率的に効果を発揮させるためには飲むタイミングが重要と言われています。もちろんほかのサプリメントも同様で飲むタイミングによっては効果を実感できない可能性のものもでてきます。一番効果的なのが、食後、そしてトレーニング後になります。またクレアチンはプロテインと同時摂取すれば筋肉への吸収が倍増します。食後が一番体への吸収が高いとされており、それはインスリンによって運ばれるからになります。

 

食後はインスリンの働きで食べたものはすべて体内で合成、排出という作用が働きます。その際にクレアチンの効果を無駄にせずに体に取り込むには食後、トレーニング後がベストの飲むタイミングといえます。

 

ディープチェンジクレアチンの評価

ディープチェンジクレアチンの評価を個人的にしてみます。まずクレアチンの存在は今のところかなり貴重でまだまだクレアチンに特化したサプリメントが少ないのが現状です。某通販サイトの口コミなどでも効果を実感できなかったという声が多いですが、効果的な飲み方、それなりのトレーニングを行っていない方にとってはそれほど効果を実感できなと思います。飲むだけではクレアチンの評価もなにもないに等しいです。

 

比較的ハードなトレーニングを行う方、高いパフォーマンスを要求されるアスリートなどが飲むと体と精神にアプローチできるのが実感できると思います。またクレアチンは体内で生成されるものなので、それほどハードなトレーニングを行っていない場合、またトレーニングを行っていない場合は飲む必要性は低いと思います。消費の激しいスポーツ選手、アスリート、トレーニーなどが飲むことでディープチェンジクレアチンの効果を初めて実感できるものと思います。

 

評価として完結するのであれば、一般の方が運動なしで飲むものではないという結論になります。1時間程度激しい運動、トレーニングを行う方はクレアチンの消費が激しいと思いますのでディープチェンジクレアチンを摂取して体内で貯めておくことをおすすめします。

DCCディープチェンジクレアチン公式サイト

ディープチェンジクレアチン

 

ちなみにディープチェンジHMBを購入した方は特典でDCCディープチェンジクレアチンがついてきます。

ディープチェンジHMBの特典がすごい!

-おすすめダイエット商品

Copyright© BMDSTYLE , 2018 AllRights Reserved.